キャットフードおすすめ5品まとめサイト

優良キャットフードを選ぶ失敗しない為の基準

キャットフードの種類について知っておこう!

 

キャットフードには様々な種類があります。

 

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

 

キャットフードの種類

  • 総合栄養食
  • 一般食(副食)
  • 療養食
  • 栄養補完食
  • サプリメント
  • おやつ

 

上記のものを挙げることができます。

 

これらの種類の中でも、毎日愛猫に与えたいのは猫の栄養源となる「総合栄養食」です。総合栄養食も大きく分けるとカリカリタイプの”ドライフード”と缶詰タイプの”ウェットフード”の2種類に分かれています。

 

「総合栄養食」と「一般食」の違いとは?

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

猫の健康に欠かすことができない「総合栄養食」にはどのような特徴があるのでしょうか?

 

総合栄養食には、猫の健康を維持していくために必要な栄養素が含まれています。それには、タンパク質、ビタミン、ミネラル、脂肪、炭水化物などがあります。

 

主原料であるタンパク質は、完全肉食動物である猫にとって最も重要な栄養素で、肉や魚を原料としている必要があります。また、タンパク質にはタウリンという動物性食材のみに含まれている栄養素があります。このタウリンを摂取することにより、心筋症や失明などを予防することができます。

 

このように、動物性のタンパク質を摂取することは猫の健康にとても大切なことなのです。もし動物性のタンパク質ではなく植物性タンパク質が配合されているとどうなるでしょうか?

 

小麦やトウモロコシなどの穀物からなる植物性タンパク質は、猫にとっては消化することが難しく、アレルギーを発症したり、消化器官や皮膚のトラブル、糖尿病などを招く危険性があります。

 

第二原料が穀物なら問題はありませんが、主原料は肉や魚のタンパク質である必要があります。ですから、キャットフードを選ぶ際には、フードのパッケージに「総合栄養食」という記載があり、その主原料を必ずチェックする必要があります。総合栄養食という記載があるのであれば、各メーカーは定められている試験をパスしています。

 

その試験とは、栄養成分の基準な合致しているかどうかの「分析試験」と、その後、実際、猫にフードを与える「給与試験」が実施され、これらをパスすることにより総合栄養食であることが認められます。

 

では、「一般食」とはどのようなものでしょうか?一般食、つまり副食は猫に必要な栄養を一定の基準で満たしているフードです。総合栄養食を”主食”と位置づけるために”副食”と呼ばれています。多くは缶詰やレトルトフードが一般食、つまり副食にあたりパッケージには総合栄養食と併用して与えるようにとの記載があります。

 

なぜなら、一般食だけを与えていることになってしまうと、栄養に偏りがでてしまうからです。あくまでも一般食は副食なので、総合栄養食と水を与えているのであれば一般食を与える必要はありません。ではどのような時に一般食が役立つのでしょうか?

 

猫が総合栄養食を食べてくれない時や、飽きてしまったときなど、一般食の缶詰やレトルトなどを総合栄養食のドライフードの上にトッピングしてあげるようなとき、その見た目やにおいにつられて食欲に勢いが増すこともあるでしょう。

 

このような総合栄養食と一般食に加え、おやつもあります。これはご褒美的なものに留めておく必要があり、与えすぎてしまうと肥満や病気を引き起こす原因となりますので気を付けましょう。

 

安心・安全なキャットフードとは?

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

わたしたち人間でも食べることができるレベルのキャットフードであれば安心・安全です。

 

安価で販売されているキャットフードの中には、何の肉を原料として使用しているのか分からない4Dミートのようなものもあります。

 

つまり、とても人間では食べられないようなものを使用しているのです。

 

そのような原料が使われているキャットフードであることがわかっているのであれば、愛猫に与えたいと思う飼い主は誰もいらっしゃらないのではないでしょうか?

 

また、添加物も猫にとってはNGです。多くのキャットフードには安いコストで大量に販売することを目的としているため、賞味期限を長くして腐りにくくするため”防腐剤”を大量に使用しています。

 

キャットフードに含まれている防腐剤は、わたしたち人間用の食品の基準とは異なっているため、発がん性物質が含まれていると言われています。愛猫に病気をせず健康に長生きをしてもらいたいのであれば、飼い主が無添加かどうかも基準にキャットフードを選ぶ必要があるといえるでしょう。

 

キャットフードの原材料をしっかりチェックすること!その基準とは?

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

キャットフードのパッケージには原則として、添加物を含めすべての原材料を記載することが法律で義務付けられています

 

この法律があるので、飼い主が試食をしなくても、安心・安全なものかどうかを確認することが可能となっています。

 

ではどのようなことを基準としてチェックすることが出来るのでしょうか?

 

1、肉・ミート類の種類

”4Dミート”という言葉を聞いたことはありますか?

 

4Dミートを使用している場合、原材料としてミートミール、または、家禽副産物、肉の副生物、チキンパウダー、ポークパウダー、ビーフパウダー、チキンエキス、ポークエキス、ビーフエキスなどと記載されています。では4Dミートとはどのような種類の肉のことなのでしょうか?

 

4Dミート

  1. Dead(死んでいた・死んでいる)
  2. Diseased(病気だった・病気をもっている)
  3. Dying(死にかけていた)
  4. Disabled・Destroyed(障害があった・破棄処分された・安楽死された)

 

上記のような状態の動物の肉を使用しています。つまり、人間の食用の肉としては使用されない、最低ランクの肉が使用されています。肉だけでなく、食べることができない爪や鶏などのくちばし、角、内臓、脳、肝臓、腎臓、小腸、血液、骨なども使用しています。つまり、これらには狂牛病だったり、癌だった動物などの肉が平気で使われているのです。

 

フィッシュミールと記載されているものにも同様のことがあてはまります。これらを使用しているキャットフードは数多くあり、スーパーやペットショップで普通に販売されています。

 

今、愛猫に与えているキャットフードパッケージを確認してみてください。このような質の悪い肉を原材料として使用しているフードを愛猫に与えたい、と思う飼い主はおそらくいないのではないでしょうか。猫が可愛いと思うのであれば、愛猫に食べさせるべきではありません。

 

2、添加物の有無

食品添加物の中でも必要なものがあると言われているのを聞いたことがあるかもしれません。しかし、添加物には本来必要なものはひとつも存在しません。ですから、愛猫の健康のためには無添加のキャットフードが望ましいのです。では、なぜキャットフードの中には添加物が含まれているのでしょうか?

 

それは、上記でも見たようにメーカー側が利益を出すため、大量に長期間保存が効くように添加物を使用するのです。そのように防腐剤や酸化防止剤を大量に使用することにより、廃棄処分となるキャットフードを減らすことができるからです。

 

そして、猫には関係のない理由と言えますが、飼い主においしそうな色と思わせる着色料や、猫の食いつきを良くするために人工香味料を添加することにより、猫の食欲を増加させるという目的もあります。それに加え、低品質の肉を材料として使用しているため、当然猫の食いつきが悪いため、猫が好む香りを大量に添加しているのです。

 

人工香味料と記載されているだけでは詳しいことは分かりませんが、洗剤などで使用されるものや、発がん性のあるもの、皮膚毒性があるものなどがあります。本当に良いキャットフードでは良い材料を使用しているため、人工香味料を使う必要がありません。

 

3、製造工場の安全管理

わたしたち人間の食べ物を生産している工場もさまざまあり、衛生面でずさんな管理をしている工場もあるのが事実です。それはキャットフードの生産工場でも同様のことが言えます。たとえば、パッケージに国際規格である「SAIGLOBAL」を獲得しているとの記載があるのであれば、安心で安全な管理をしていることがわかります。

 

とくにAランクを獲得しているならベストでしょう。これに加え、品質チェックもきちんとされているかを確認することも大切です。

 

4、遺伝子組み換え原料を使用しているかどうか

日本ではまだあまり馴染みがありませんが、遺伝子組み換えの食材を使用すると、癌、アレルギー、白血病などを引き起こす危険性があることが分かっています。もし原材料の一部に、遺伝子組み換えという記載があるなら避ける必要があります。

 

人間でも食べられる安心・安全の無添加キャットフードとは?

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

人間でも食べられる安心・安全の無添加キャットフードとして知られているのは「カナガン」のキャットフードです。

 

カナガンでは、人間が食べることができるレベルの厳選された新鮮な食材だけを使用して作られています。

 

そのうえ、チキンやサーモンなどを使用することにより、猫が必要としている高タンパク質を摂取することができます。

 

原材料に穀物類や人工添加物は一切使用していない安心・安全なフードとなっています。イギリスの最高級キャットフードとして有名なカナガンは、愛猫を病気から守り健康を維持してくれます。

 

また、チキンや鴨肉、マスやサーモンなどを贅沢に使用した猫に最適な動物性のタンパク質を80%以上使用されているキャットフード「ジャガー」も多くの愛猫家が愛用しています。

 

ジャガーは、ペットフード先進国であるイギリスで生産されており、その生産工場は徹底した安全管理と質の高さが注目されています。キャットフードのパッケージにもこだわりを持ち、愛猫に最後まで新鮮なフードを与えることができるように工夫がされています。

 

さらに、「シンプリー」というキャットフードも安心・安全な無添加キャットフードとして知られています。

 

シンプリーの原材料は、50%以上サーモンを使用しており、多くの猫たちの食いつきがよいフードとなっています。低カロリーなので、健康管理の維持もしやすく、病気をせず長生きをしてもらいたい!という飼い主の願いに応えてくれるキャットフードです。

 

猫の体調でキャットフードを選ぶ!

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

猫を飼っている飼い主の中には、過去に愛猫が病気になった経験を持つ方もいるかもしれません。

 

実は、猫がかかる病気はキャットフードと関係があるものもあります。たとえば、人間でもかかる尿路結石は、猫もかかりやすい病気の一つです。

 

特に猫の場合、結石が尿毒症となり命に関わるほどの症状に至る場合もある、危険な病気です。

 

もちろん猫の個性にもよりますが、マグネシウムが多く含まれているようなキャットフードを与え続けているとしたら、尿路結石にかかる可能性は高くなるでしょう。

 

猫は自分で体調が悪いことを伝えることができません。ですから、飼い主が猫の健康状態を良く観察、または、定期的に確認する必要があります。特に食事は猫の身体を構成していく基本となります。

 

ですから、質の良いキャットフードを与えていれば病気を予防することが可能となるため、愛猫を長生きへと導きます。ではここで猫の症状別の最適なキャットフードをご紹介します。

 

ケース1:尿路疾患を患っている場合

水を飲む量が少なかったり、おしっこを上手に排泄することができていない、トイレ以外の場所で排尿を苦しそうにしているなどの様子が見られるようなら、尿結石などの下部尿路疾患を患っている可能性があります。その場合には、動物病院を受診する必要があります。

 

このような症状が出ないように普段から質の良いキャットフードを与えるようにすると予防することができます。

 

おススメのキャットフードは、「カナガンキャットフード」や「シンプりーキャットフード」です。これらのフードには、尿のph値を調整する”キナ酸”が配合されているので、愛猫を尿路疾患から守ることができます。

 

ケース2:毛のツヤが悪い

安価なキャットフードには、大量の穀類や油が使用されているため、消化することができず消化器官に負担がかかり、毛のツヤが悪くなる・・といった症状が見られます。ですから、穀類を使用していないグレインフリーのフードや無添加のフードに変えることで症状は改善します。グレインフリーのフードとして「カナガンキャットフード」を与えることができるでしょう。

 

ケース3:肥満

質の悪いキャットフードを与えていると肥満気味になり、糖尿病などを引き起こす危険性があります。ダイエット用のフードを与えることもできますが、症状が改善する保証はありません。とくに、「オリジンキャットフード」であればダイエットに成功する可能性があるため、オススメといえます。

 

おすすめキャットフードランキング

カナガン

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

 

イギリス最高級のキャットフードであるカナガンキャットフードは、グレインフリー、つまりトウモロコシや小麦などの穀物類を一切使用していないことにこだわっています。

 

猫は完全な肉食動物なので、穀物類は消化しにくいような構造となっているため、それらを摂取すると消化機能にトラブルが生じたり、アレルギー反応が出てしまいます

 

人間でも食べることができるくらい高品質で、新鮮な厳選された材料を使用しているので、愛猫に安心して与えることが出来ます。

 

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

ジャガー

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

 

栄養価が高く質の高いペットフードを提供するジャガーは、肉食動物である猫のために、肉と魚を贅沢に使用しているキャットフードです。

 

人間が食べることができるヒューマングレードで、新鮮で厳選された食材を使用しているので、安全性も高く迷わず愛猫に与えられます。

 

猫が一番重要な栄養素・高タンパク質が肉と魚から80%以上接種できるため、猫の健康に大きく貢献してくれるでしょう。

 

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

シンプリー

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

 

動物愛護先進国であるイギリスで、動物栄養学者が開発したプレミアムキャットフードであるシンプリーは、猫の健康のことを第一に考えて開発されている、猫の健康食と言えます。

 

「オリゴ糖」が2種類配合されていて、便秘などの消化トラブルに悩む猫にもおすすめです。

 

グレインフリーつまり穀物不使用なので、猫に最適な原料で出来ていると言えるでしょう。

 

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

オリジン

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

 

カナダにあるチャンピオンペットフード社の製品で、アメリカのペットフードランキングで6つ星を獲得する、オリジンキャットフードは品質の良さが評判となり、今ではその人気が海外だけでなく日本でも愛用者が増えてきています。

 

オリジンキャットフードでは、猫に一番重要な栄養素であるたんぱく質は最高の材料が選ばれていることも見逃せません。

 

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

アニモンダ

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

 

「動物は家族に一員である」という理念をもつドイツ最大のペットフード会社、アニモンダは厳しい安全基準を満たした原材料のみを使用しているのでドイツだけでなく世界中で評判です。

 

人口添加物も一切使用されていない上、人間が食材として使用できるレベルの良質で厳選された素材だけを使用しているので、キャットフードに厳しい愛猫家にも問題なくおすすめでしょう。

 

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト

全年齢対応キャットフードおすすめ優良5品まとめサイト