猫に牛乳はダメ乳糖不耐症アレルギーについて

ちょっと待って!猫に牛乳はダメ。乳糖不耐症アレルギーの原因になる可能性あり

猫に牛乳はダメな理由とは?

ちょっと待って!猫に牛乳はダメ。乳糖不耐症アレルギーの原因になる可能性あり

猫のお腹は、とってもデリケート。人間の飲む 牛乳には、乳糖が含まれています。猫には、この乳糖を分解する力であるラクターゼが不足しているのです。この為、牛乳を飲むと下痢をしてしまったり、乳糖不耐症というアレルギーを引き起こしてしまいます

特に、外来種の猫や子猫、は注意が必要です。

 

 

 

猫の体質によっては、飲んでもお腹を壊さない子もいます。
なので、絶対に牛乳をあげてはダメ!と言う事ではないのですが

 

負担にならないように量は、注意が必要です。

 

牛乳の与えすぎは、肥満の原因になる

スーパーやコンビニに売っている普通の牛乳には、猫の乳の約三倍の乳糖が含まれています。
乳糖が多いと言う事は、肥満の原因にもつながるので、やはり与える量には注意が必要。
猫と牛乳は相性は、完全には悪くはないですが、体質や病気の子、与える量に注意が必要。

 

キャットフードなどを売っているお店では、ペット用牛乳なども売られています。
私達が飲む牛乳とペット用の牛乳の違いを説明します。

 

ペット用の牛乳

猫用ミルク>
ホームセンターや、ドラッグストアーにも売られているペット用の牛乳
ペット用の牛乳は、乳糖を含まないので、どんな猫にも安心してあげれます。
ペット用の牛乳の中には、タウリンを含むものや、腎臓疾患の予防を助ける効果がある成分入りなど色々と種類があります。

 

ペット用の牛乳の値段は?

猫用ミルクの値段
液体ミルクタイプや、お湯で溶かす粉ミルクタイプがあるので、飲む量が少ない頃は粉ミルクタイプが経済的でした。
猫用の牛乳は、液体ミルクタイプは300円程度。

 

ただし、あまり日持ちしないのが欠点。

 

粉ミルクは、一缶 2000円程度で 飲む量が調整できるところは、経済的です。
私は、両方とも買って与えましたが 液体ミルクタイプのほうが、うちの猫は好きでした!
においも液体ミルクのほうが、まろやかで粉ミルクタイプは、ミルク!!って感じにちょっと、きつめでした。

 

猫もグルメですからね(笑)

 

牛乳を絶対に飲ませたらダメな猫

高齢の猫や、腎臓病の猫には牛乳はNG!
その理由は、以下の2点

牛乳のナトリウムイオンが高齢の猫の心臓の負担になってしまう
高リン血症を防ぐために、リン酸制限をしているが、牛乳にリン酸が含まれているので腎疾患の猫に牛乳はNG

 

大切な猫のお腹に、より やさしく安心なミルクを選んであげてくださいね。

ちょっと待って!猫に牛乳はダメ。乳糖不耐症アレルギーの原因になる可能性あり

関連ページ

猫はパン食べる?好きでも炭水化物のパンを猫に食べさせるのは危険
私達、人間にも「 小麦アレルギー 」などの食物アレルギーがあるように、もちろん猫にも食物アレルギーッコは居ます。例えば、新しいフードを与えてから、お腹の調子が悪くなったり、体毛が抜ける 身体を痒がる場合は要注意!です。猫に与えたら いけないものして「パン」などの穀物が有名ですが、案外 猫は欲しがるんですよね。
猫はアボカド食べたら中毒に!最悪死亡してしまうケースも
実は、キャットフードの中にはアボカドが入っているものがあるのですが、アボカドについては、まだまだ未解決な部分も多く、生で食べてしまった場合の致死量は?など ハッキリしないところが多いです。
猫が豚肉を生で食べるとトキソプラズマ感染症に!加熱・茹でたらOK
猫に生豚肉を食べさせると感染症にかかる危険があります。人間も豚肉は良く焼いて食べますよね?豚肉はビタミンB群が豊富なので、積極的に取り入れたい栄養を持っていますので、正しく加熱調理してあげましょう
猫が緑茶(カフェイン)を飲んだ場合の中毒症状について
とっても、身近な飲み物 緑茶。人間には、カテキンが、風邪予防になったり ダイエット効果があったりしますが、そのグラスに注がれた緑茶、猫が舐めようとしたら?カフェイン中毒を起こします。中毒症状は最悪の場合に死亡
猫に生肉あげるなら馬肉がおすすめ!生肉メリットデメリットまとめ
肉食系動物の猫に、生肉は あげてもいいの?気になる「トキソプラズマ」や「サルモネラ菌」は?猫と生肉の相性について。野性の猫ちゃんは、スズメやねずみなどを捕獲して………食べます。
猫がドッグフード食べると失明!?犬と同居の注意点まとめ
「猫と犬を一緒に飼っている おうちは注意!キャットフードと、ドックフードの大きな違いとは?」キャットフードには、猫に欠かせない栄養素の 1つである「タウリン」が必ず入っています。ですが、犬はタウリンを必要とはしません。なので、ドックフードには入っていないものが多いのです。