猫に生肉あげるなら馬肉がおすすめ!生肉メリットデメリットまとめ

猫に生肉あげるなら馬肉がおすすめ!生肉メリットデメリットまとめ

猫に生肉大丈夫?

猫に生肉あげるなら馬肉がおすすめ!生肉メリットデメリットまとめ

肉食系動物の猫に、生肉は あげてもいいの?

 

猫に緑茶(カフェインを含む飲み物)は、飲ませてもいいの?気になる「トキソプラズマ」や「サルモネラ菌」は?
猫と生肉の相性について調べてみました。
以前、「猫が豚肉を生で食べるとトキソプラズマ感染症に!加熱・茹でたらOK」と言う記事を公開しましたが、生肉にはメリットもあります。

 

猫は、完全なる肉食系

野性の猫ちゃんは、スズメやねずみなどを捕獲して………食べます。
わが家の猫も窓越しに、鳥を見つけると野性の血が騒ぐのか、ソワソワしはじめるんです!
(さすがに、捕獲はさせません。)

 

完全なる肉食系動物の猫。野性の猫は、このように生肉を食べている!

 

つまり、猫と生肉は相性は悪くないんです。

 

ですが、メリットもある代わりに
リスクや気を付けなければ、いけないことがあるのも事実です。

 

生肉を食べることのメリット

  1. ドライフードより消化がよい
  2. 食いつきがよい
  3. 穀物、添加物を含まないので安全
  4. アミノ酸やビタミンA、酵素が豊富
  5. 慢性腎不全などを予防
  6. 歯や顎の健康に最適

生肉は、このように肉食系猫にはぴったりな食材の1つです。

 

では、どの種類の生肉でも良いのか?!

 

おすすめしない生肉

豚肉と鶏肉の生肉は、おすすめできません。
豚肉は、トキソプラズマという寄生虫が発生しやすく 生食は、中毒を起こします。
※豚肉は、しっかり加熱する事で トキソプラズマは死滅するので、加熱して与えてください

 

次に、あまり、おすすめしないんですが半なまで、与えるひともいる。
鶏肉! 鶏肉は、鮮度落ちが非常に早いので、注意が必要。
鮮度が落ちてくると、サルモネラ菌や大腸菌が繁殖しやすくなり下痢や嘔吐 食中毒の原因になります。

 

おすすめの生肉

馬、鹿、牛、ラム肉 ※鶏肉(鮮度の良さに限る)
中でも、馬肉は おすすめです。

 

馬肉の特徴

・鉄分が豊富
・コレステロールを下げる
・スタミナ増強
このような効果の他に、馬肉は他の お肉よりもアレルギーを起こしにくいと言われています。
馬肉は、冷凍で売られているので 鮮度は問題はないですね。

 

生肉与える量は?

生肉を与える量としては、オヤツ程度の少量が好ましく、脂肪部分は 油まけして 体調を崩す原因になるので 避けてください。
※猫によっては生肉を食べて お腹の調子を崩してしまう子もいるかも知れません!

 

大切な 家族の食事です。体調を見ながら与えて見てくださいね。

猫に生肉あげるなら馬肉がおすすめ!生肉メリットデメリットまとめ

関連ページ

ちょっと待って!猫に牛乳はダメ。乳糖不耐症アレルギーの原因になる可能性あり
イメージ的には、猫が牛乳を舐める姿って かわいらしくて 、お店にもペット用牛乳なども売られています。しかし、猫は牛乳飲むと 下痢をしてしまったり 乳糖不耐症というアレルギーを引き起こしてしまう可能性があります。
猫はパン食べる?好きでも炭水化物のパンを猫に食べさせるのは危険
私達、人間にも「 小麦アレルギー 」などの食物アレルギーがあるように、もちろん猫にも食物アレルギーッコは居ます。例えば、新しいフードを与えてから、お腹の調子が悪くなったり、体毛が抜ける 身体を痒がる場合は要注意!です。猫に与えたら いけないものして「パン」などの穀物が有名ですが、案外 猫は欲しがるんですよね。
猫はアボカド食べたら中毒に!最悪死亡してしまうケースも
実は、キャットフードの中にはアボカドが入っているものがあるのですが、アボカドについては、まだまだ未解決な部分も多く、生で食べてしまった場合の致死量は?など ハッキリしないところが多いです。
猫が豚肉を生で食べるとトキソプラズマ感染症に!加熱・茹でたらOK
猫に生豚肉を食べさせると感染症にかかる危険があります。人間も豚肉は良く焼いて食べますよね?豚肉はビタミンB群が豊富なので、積極的に取り入れたい栄養を持っていますので、正しく加熱調理してあげましょう
猫が緑茶(カフェイン)を飲んだ場合の中毒症状について
とっても、身近な飲み物 緑茶。人間には、カテキンが、風邪予防になったり ダイエット効果があったりしますが、そのグラスに注がれた緑茶、猫が舐めようとしたら?カフェイン中毒を起こします。中毒症状は最悪の場合に死亡
猫がドッグフード食べると失明!?犬と同居の注意点まとめ
「猫と犬を一緒に飼っている おうちは注意!キャットフードと、ドックフードの大きな違いとは?」キャットフードには、猫に欠かせない栄養素の 1つである「タウリン」が必ず入っています。ですが、犬はタウリンを必要とはしません。なので、ドックフードには入っていないものが多いのです。