ねこの餌の基礎知識

ねこの餌の基礎知識

ねこの餌の基礎知識記事一覧

グルメ猫でも食いつきがいいキャットフード

グルメ猫でも食いつきがいいと評判のキャットフードに共通することとは?主原材料が新鮮な肉や魚である。猫は完全肉食動物に該当するので、肉や魚を主原料として使用される動物性タンパク質が最も重要な栄養素となっています。なので、良質なタンパク質が贅沢に配合されているキャットフードは食いつきがいいです。新鮮な肉や魚を使用している高タンパクで低炭水化物のフードを選ぶようにしましょう。それとは逆に、猫にとっては消...

病気予防になるキャットフード

猫の健康管理はキャットフードにかかっている!!多くの飼い主は、愛猫には健康で長生きをしてもらいたい!と願っているのではないでしょうか。しかし、猫も人間同様、年齢を重ねるにつれて病気のリスクも高まってきます。出来れば、子猫期から猫の健康を考えておくことで、猫が長く健康でいられる体を作ることが出来ます。猫にも様々な病気がありますが、猫の病気予防に貢献するキャットフードをご紹介します。猫の尿路結石を予防...

えさの与え方と与える量

フードは1日何回?子猫の場合は、キャットフードは1日3〜4回与えることが望ましいです。人間の赤ちゃんと同様、子猫の場合も、小さい頃は胃が小さくて歯も全て揃っていないので、母乳から少しづつ離乳食フードに移行していきますが、成猫になるまでは1回の食べる量が少ないので食事の回数も増やします。しかし、成猫の場合は1日2〜3回ほどで充分です。朝、昼、晩という3回に与えるのが理想的ですが、朝と晩の2回でも、必...

猫に必要な栄養素とえさの量

猫に必要な栄養素とは?猫に必要な栄養素はわたしたち人間と同様、炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、水の6大栄養素です。その中でも猫にとって一番重要な栄養素は、タンパク質です。猫にとってタンパク質は重要!猫は肉食動物に該当するため、もっとも重要な栄養素はタンパク質です。では、どのくらいの量の摂取が必要なのでしょうか?一般的に体重1sに対して6.5g〜7gが必要な量と言われています。人間の...

良質なキャットフードの料金相場

キャットフードの相場とは?キャットフードは、1sで500円から3,000円以上するものまで幅広い価格で販売されています。日本のペットフードは、食品衛生法や飼料安全法の対象外であるため、保存料や着色料、酸化防止剤などは、使用したいだけ使用することができます。つまり、ペットの健康を害するものまでが使用されている可能性があるということです。それが影響し、癌やアレルギー、心臓疾患などにかかる確率が高くなり...

市販・通販のキャットフードとの違い

市販のキャットフードの特徴とは?市販のキャットフードの特徴は、値段が比較的安く、手軽に購入することができます。大体2キロで500円前後で購入することができるでしょう。また、さまざまな種類の味があるので、特に好き嫌いの好みがある猫は、いろいろな味を試すことができるので便利です。しかし、原材料の質が低いというデメリットもあります。市販のキャットフードは、店頭に並べるなどして長期保存をするために酸化防止...

自動給餌にも対応しているキャットフード

自動給餌器とは?自動給餌器は、留守の時間が長い方や仕事が不規則な方など、猫や犬などの動物に食事を与える時間が不規則・・という方に特におすすめです。短期の旅行でも、愛猫はお留守番をすることができるかもしれません。キャットフードを置いておくと一気に食べてしまう猫や、体重管理が必要な猫などにも有効となっています。オートフィーダーは、24時間の時計設定が備わっているので、食事を与えたい時間に設定することが...

多頭飼いでも頼れるキャットフードおすすめ

多頭飼いに対応しているおすすめのキャットフード猫が大好きな方の中には、2匹、もしくは3匹以上飼っている方も少なくありません。また、最初の猫に子どもが生まれたために多頭飼いをしている方もいます。しかし、猫にも個性があり、フードの好みや体質も異なるため、多くの方が猫の食事に一番悩まされているようです。そんな悩みを解決してくれるのが、多頭飼いに対応しているキャットフードです。そこで多頭飼いにおすすめのキ...

プレミアムフードが良質で安心

プレミアムキャットフードの特徴プレミアムキャットフードとは、その名前の通り良質な素材を使ったキャットフードのことです。どのメーカーも猫の健康を第一に考え、味へのこだわりも持っています。しかし、その種類は豊富なため、中にはプレミアムと言っても安心できないものもあるので注意が必要です。どのような点を基準にプレミアムキャットフードを選ぶとよいのでしょうか?次のようなポイントを確認するようにしましょう。プ...

レギュラーフードも素材を厳選しよう

キャットフードは素材が大事!厳選しよう!わたしたち人間と猫は全く異なる動物なので、必要とする栄養素も基本異なります。たとえば、猫は肉食系動物に該当するので、トウモロコシや小麦などの穀類は摂取する必要はありませんが、動物性たんぱく質のメインともいえる良質な肉は摂取すべき大事な栄養素です。しかしだからと言って、肉だけを摂取していればいいというわけではありません。猫が健康を維持するためには、さまざまな栄...

キャットフードでかきむしりも防げる

猫が強くかきむしるのはなぜ?猫がかゆみの為に、皮膚を強くかきむしるため、傷ついて血がでてしまう場合もあります。時には、舐めたり、掻いたり、噛んだりするため、患部が傷つき菌が入ってしまうときもあります。そもそもなぜかゆみが生じてしまうのでしょうか?それには様々な原因が考えられます。猫が痒みに悩む原因身体にノミやダニ、カビによるもの皮膚が乾燥しているため腫瘍などの免疫異常疾患になってしまったため食事ア...

全年齢対応のキャットフードがおすすめ

全年齢対応のキャットフードのメリットとは?全年齢対応のキャットフードとは、その名前の通り、離乳してから老犬となるまでどんな年齢の猫でも食べれるという全年齢用のキャットフードです。どのステージ(子猫期・成猫期・シニア期)の猫でも栄養が不足しないように計算されて作られています。そのため、年齢とともにキャットフードを変える必要はありません。年齢により必要な栄養素の量は、フードの与える量を調整するだけで対...

老猫・高齢猫がご飯を食べない!?シニア食キャットフードへの切り替え

老猫・高齢猫がご飯を食べない年齢を重ね、猫も食べる量が減ってきます。これは、若い頃と比べ代謝が低下してきたり歯が弱くなったり、抜けたりして固いドライフードが食べられない!などの理由が考えられます。このように、若い頃とは違い食べる量も、固さも変わってしまったシニア期は、栄養不足も気になるところです。以上のようなサインが見られたときは、フードをシニア用に切り替えをおすすめします。シニア用キャットフード...

腎臓病の猫に与えるキャットフードで大切な2つの事&おすすめフード5選

猫の健康管理はキャットフードにかかっている!!猫は腎臓病にかかりやすいといわれています。全年齢で発症しますが、特にシニアの猫に多いと言われています。腎臓病だと診断された猫はどうしたらよいのでしょうか?腎臓病だと診断された後でも、できることがあります。それは、残っている腎臓機能を維持するためのキャットフードを選ぶことです。リンやナトリウムといった塩分が少ないキャットフードを選ぶ腎臓病にかかると、リン...

猫の理想的な1日の塩分量0.5〜0.9%って人間の食事でどれくらい?

猫の塩分ってどれくらいが理想猫の理想的な1日の塩分量は、およそ0.5〜0.9%キャットフードに含む、塩分の理想的な数字は0.4〜0.5パーセント。程度です。では、この数字が具体的に私達人間の食べ物の塩分量と、どれだけの違いがあるのか調べてみることにしました!人間の食べ物の塩分量@コンビニのツナおにぎり一個→ 1.5Aおすし     10かん  →2.7Bからあげ    100グラム→1.1Cサン...