キャットフードの注意点

キャットフードの注意点

キャットフードの注意点記事一覧

子猫と成猫でキャットフードを分けよう

猫の年齢に合わせてキャットフードを分ける理由とは?キャットフードは、猫の年齢に応じて3段階に分かれています。1歳までは「子猫」用、6歳までは「成猫」用、6歳以降は「シニア」用となっています。愛猫がその年齢になったら切り替えるようにする必要があるのですが、あくまでも飼い主が愛猫の様子を見ながら少しづつ切り替えていくことができます。ではなぜ子猫と成猫ではキャットフードを分けたほうが良いのでしょうか?そ...

キャットフードを通販で気を付けること

安全・安心なキャットフードを通販で選ぶ際の注意とは?愛猫に与えるフードを店頭や動物病院などで購入することもできますが、通販を利用している方も少なくありません。通販を利用する場合には信頼できるもの、つまり信頼できるネット通販で購入することが基本です。通販の場合、わざわざ出かける必要がないので、重たいフードでも手軽に購入することができます。また、猫の体質ごとにフードを選ぶことができるのも通販の魅力です...

食べすぎと与えすぎには気を付けて

猫が食べすぎるのなぜ?食欲のある食べすぎの猫にはいくつかの理由があります。まず1つ目に考えられる理由は、避妊手術をしている場合です。特にオス猫の場合は食欲が旺盛になると言われています。また別の理由は、飼い主が猫に鳴かれてキャットフードを与えすぎてしまうことです。猫のおねだりに飼い主が負けてしまうと、猫は食べすぎてしまい肥満になってしまいます。食欲増進な猫に適量なフードを与える方法とは?猫は体重に応...

キャットフード選びの失敗例

キャットフード選びで失敗するのはなぜ?愛猫がせっかく購入した新しいキャットフードを食べてくれない・・という経験はだれもがあることでしょう。特に猫の場合、舌がグルメなのでよくあることです。猫は成長に伴い、キャットフードを切り替えていく必要がありますが、病気などの理由がない限りいつもと違うキャットフードを与えるのは控えた方が良いです。しかし、なぜ猫は食べるフードと食べないフードがあるのでしょうか?キャ...

キャットフード選びの成功例

キャットフード選びで成功している例の共通点とは?猫はグルメな動物であることでよく知られています。猫が食べてくれるキャットフードを与えることができている飼い主に共通する点は、キャットフード選びを慎重に行っているという点です。選ぶ際には、添加物の有無、原材料の確認、値段の3点をクリアするとキャットフード選びを成功できます。ではその成功例から3つの注意点を具体的にみてみましょう。添加物の有無をチェックキ...

個体差を考えたキャットフード選び

猫の成長や体調などの個体にあったフードを選ぼう!猫は子猫、成猫、シニアと成長段階に分かれて必要とする栄養素やエネルギーの量などが異なりますが、それと同時に個体差にもより与える量が異なってきます。猫は好き嫌いの好みがはっきりしていますが、キャットフードを選ぶ際には、猫の体格と年齢を参考にすると良いでしょう。たとえば、愛猫が最近太ってきているように感じるのであれば、カロリーが低めのフードを選ぶと良いで...

キャットフードは4Dミートを避けて!

キャットフード4Dミートとは?キャットフードの4Dミートとは何のことでしょうか?4DミートとはDead・・・死んだDying・・・死にかけているDiseased・・・病気のDusabled・・・けがをしたという4つのDを合わせて呼ばれている肉類のことを指します。しかし、日本では4Dミートとは言わずに、肉副産物と呼んでいます。キャットフードの成分表では、○○ミール、肉副産物、肉骨粉、家禽などと記載さ...

避けるべきキャットフードの人口添加物

人工添加物に規制がないキャットフードキャットフードには、酸化防止や保存料、着色量、香料、甘味料などさまざまな人工添加物が使用されています。人間が食べる食品にも添加物は使用されていますが、それには基準があります。しかし、キャットフードの場合は、規制がありません。そのため、人間の食品では絶対に許されていない危険な添加物も使用されています。なぜそのようなものを使用するのでしょうか?それには理由があります...

柔らかいキャットフードの添加物に注意

柔らかいキャットフードは要注意!!愛猫には、愛猫が美味しそうに喜んで食べてくれるフードを与えたいと思うものです。キャットフードには種類があり、ドライタイプのキャットフードは保存が効きやすいため常備しやすいというメリットがあります。一方柔らかいタイプ、つまりウェットタイプのキャットフードは柔らかくてジューシーな食感でできており、肉や魚の味やにおいを新鮮なまま食べることができるので多くの猫の食いつきが...

魚ベースのキャットフードは塩分が多い

魚とお肉、どちらのキャットフードがいいのか?キャットフードを選ぶ際に、魚とお肉のどちらの味にしようか悩む方も多いのではないでしょうか。飼い主としては、猫の好みの味を与えたいと願うことが普通ではないでしょうか。猫は肉食動物性に該当するので、高いタンパク質が一番必要な栄養素です。そのため、極端に言うならネコ科の代表であるトラやライオンのように肉と水さえあれば生きていくことも可能です。しかし、日本のペッ...

えさを変えたら下痢と体調をチェック

猫の下痢の原因はフード?!猫も人間同様、下痢になってしまうことがあります。何が原因で生じるのでしょうか?それにはいくつかの理由が考えられます。たとえば、ウイルスや細菌に感染した、毒物や薬物を間違えて飲んでしまった、身体に合わないものを食べてしまった、ストレス、キャットフードが変わったなどを挙げることができます。このように何らかが腸にあってそれを早く出すために下痢になります。もし下痢とともに、別の症...

キャットフード保管についてドライフードの正しい保存方法

ドライフードの正しい保存方法とは?ドライフードの正しい保存方法、知っていますか?ドライフードは、封をあけるとおよそ「1ヶ月」が、賞味期限になりますが封をあける=空気に触れるこの時点で、実は劣化は始まっているのです。フードが入っていた袋のくちをしばって!という、お宅も多いと思いますが袋のままだと、やはり空気に触れる確立は高いので、本来避けたいところなんです。劣化したドライフード劣化はドライフードは、...