避けるべきキャットフードの人口添加物

避けるべきキャットフードの人口添加物

人工添加物に規制がないキャットフード

避けるべきキャットフードの人口添加物

キャットフードには、酸化防止や保存料、着色量、香料、甘味料などさまざまな人工添加物が使用されています。

 

人間が食べる食品にも添加物は使用されていますが、それには基準があります。

 

しかし、キャットフードの場合は、規制がありません

 

そのため、人間の食品では絶対に許されていない危険な添加物も使用されています。なぜそのようなものを使用するのでしょうか?それには理由があります。

 

それはキャットフードに使用する原材料があまりにも酷いため、効力のある添加物を使用してごまかすためです。

 

つまり、素材が劣悪なあげく、その上に危険な添加物を使用しているので、それを食べ続ける猫は、病気になる可能性が高くなり、あまり長く生きることはできないでしょう。

 

絶対避けるべき人工添加物とは?

絶対避けるべき人工添加物は「酸化防止剤」です。酸化防止剤には、天然由来のものと人工的に作られたものの2種類あります。特に人工的に作られた人工添加物は、保存期間を長くするために使用されており小さな猫の身体には刺激が強すぎる危険なものです。

 

成分表には「BHA(ブルチヒドロキシアニソール)」と記載されています。発がん性があるため人間用の食品で使用することは禁止されていますが、キャットフードでは使用されています。また「BHT(ジブチルヒドロキシトルエン)」と記載されている酸化防止剤も危険です。

 

これは人間が食べるガムやバターなどにも使用されていますが、膀胱ガンや甲状腺ガンを誘発する恐れがあります。人間より体が小さい猫用のキャットフードに使用すると、その影響は大きいことでしょう。

 

また「着色料」も避けるべき人工添加物です。キャットフードには色鮮やかなフードもあります。見た目が美味しそうにみえるかもしれませんが、それはフードを与える飼い主の満足だけで、猫には見た目は関係ありません。かえってその着色料が猫の健康に害を及ぼします。それにはアレルギーやガンを引き起こすなどの危険性があります。

 

着色料として成分表には「亜硫酸ナトリウム」と記載されます。発がん性やアレルギーがあります。「赤色3○○号、青色○○号、緑色○○号」と記載されている着色料は、遺伝毒性や染色体異常、また発がん性などのうたがいがあると言われています。

 

そのためすでにアメリカでは使用が禁止されていますが、まだ日本では厚生労働省が許可しているため、キャットフードに使用されていますので注意しましょう。

安全基準が海外のほうが高い

「安全大国日本!!」と、呼ばれる日本。

 

特に食品に関しては国産品は安心。と言うイメージが強いと思います。
でもそれは、人間の世界での話し

 

キャットフードに関しては、安全基準が海外(特に欧米諸国)のほうが高く、ペットフード先進国や動物に関する法律もあり海外のほうが、ペットに関する安全基準は日本より数段上となっています。

 

残念ながら日本には、キャットフードに関する規定がなく、法律も明確でないのが現状…。
そのせいか、キャットフードの中には 有害な添加物が含まれていたり、4Dミートを使用したものもある……。

 

2009年6月に、愛玩動物用飼料の確保の法律が施行され添加物を含む全ての原材料の表記義務がされました。ですが、まだ海外の基準には遠く…

 

日本のキャットフードの安全基準は、まだまだ不安が残ります。

 

こういった事情もあるせいか、海外産のキャットフードがネット上で よく見られるようになり

 

売上げ、需要も上がっているのは
家族である 猫の健康を何よりも?と言う飼い主さんの親心ではないでしょうか?

 

危険な添加物と、長期服用後にでる症状

・プロピレングリコール→発ガン性物質
(半生フードの保湿、静菌作用として使われる。)

 

・亜硝酸ナトリウム→発色剤。
発ガン性物質。脳腫瘍、白血病を誘発

 

※気を付けたい添加物No.1。日本では使用禁止

 

・エトキシキン(農薬)→ガン、アレルギー、悪性リンパ腫
(保存料として使用。)

 

・BHA BHT
 →発ガン 膀胱や甲状腺のガン

 

(主にガソリンの酸化防止に使われる。)

 

・グリシリジン、アンモニエート→甘味料。
安全性はグレーゾーン。人間の食品は使用禁止

 

・赤色102
→見た目をよくする着色料。
石油が原料、発ガン性 アレルギー物質。

 

※アメリカ、EC では禁止。

 

・ソルビン酸カリウム→防腐剤。

 

奇形の子猫が生まれる、遺伝子染色体異常
発ガン性物質。

 

・没食子酸プロピル→酸化防止剤。
肝臓にダメージ。

 

このように、様々な添加物が今もまだ一部のメーカーのキャットフードには使われているのが現状であり、長期の服用は やはり避けたいところです。

 

有名メーカーである、ロイヤルカナン
品質保持のためにBHA と没食子酸プロピルを使用していますが、猫の身体の安全性を確保することを第1に!!考え、EU 理事会において使用基準が決められています。

 

ロイヤルカナンでは、EU 理事会の定める基準よりもさらに低い量を順守していますので、健康に影響を及ぼす心配は、ないとのことです。

 

あなたの猫ちゃんの、キャットフードは安心して食べさせられますか?

 

猫は、体調不良を自分では伝えられません。

 

私達パートナーが、彼らの よき理解者となり

 

彼らの健康をサポートし、末長く暮らして行ければと思います。

避けるべきキャットフードの人口添加物

関連ページ

子猫と成猫でキャットフードを分けよう
猫も年齢の上がっていく成長過程で段階があり、子猫、成猫、シニア猫と大きく3段階に分けられます。この段階によって、猫が必要とする栄養素や好みなどが変わるため、キャットフードもその段階に合わない場合も出てきます。ここでは、出来ればおさえておきたい猫の成長過程と、それに合わせて選ぶキャットフードを分けるポイントについてわかりやすく解説していきます。
キャットフードを通販で気を付けること
通販は全国の離れたお店であっても購入できるという意味では便利ではありますが、そのお店や店主と直接会うわけではないので、心配な面も少なからずあるでしょう。ここでは、キャットフードを通販で選ぶ際に安全・安心面などで気をつけたいポイントについてわかりやすく解説していきます。
食べすぎと与えすぎには気を付けて
人間だけでなく、猫であっても肥満やメタボリックは健康にとって害が多いため避けたいところですよね?ここでは、避妊手術をしていたり、飼い主が可愛がり過ぎたりなど、餌の与えすぎや食べ過ぎの問題点やそれを避けるためのポイントについてわかりやすく解説していきます。
キャットフード選びの失敗例
キャットフードは猫が毎日食べる栄養源であるため、間違ったものを与えて健康を害してしまうなんてことは絶対に避けたいですよね?そうならないために、実際の失敗例を知っておくと失敗を避けるための知恵になります。ここでは、キャットフード選びの失敗例を紹介していきます。
キャットフード選びの成功例
キャットフードは猫が毎日食べる栄養源であるので、猫の健康を害さない確かなものを選びたいものですよね?そこで実際に良いキャットフードを選ぶことで良い結果をエているような成功例は参考になるものです。ここでは、キャットフード選びの成功例を紹介してきます。
個体差を考えたキャットフード選び
猫は子猫、成猫、シニアと成長段階に分かれて必要とする栄養素やエネルギーの量などが異なるものですが、さらにその個体差によっても適したキャットフードは変わってきます。ここでは、キャットフード選びで失敗しないための、個体差を考えたキャットフード選びについてわかりやすく解説していきます。
キャットフードは4Dミートを避けて!
日本では肉副産物と呼ばれる4Dミートは、非常に品質の悪い素材であり、猫を愛してやまない飼い主にとってはキャットフード選びで避けたいものと言えます。ここでは、4Dミートとはどのようなものなのか、またそれを避けてキャットフードを購入するためのポイントなどについてわかりやすく解説していきます。
柔らかいキャットフードの添加物に注意
ウェットタイプのキャットフードは、柔らかくてジューシーな食感でできており、肉や魚の味やにおいが新鮮なままで食べられるため多くの猫の食いつきが良いことがメリットですが、添加物が多く含まれている場合が多いと言われています。この柔らかいキャットフードの注意点についてわかりやすく解説していきます。
魚ベースのキャットフードは塩分が多い
飼い主としては、猫の好みの味を与えたいと願うことが普通かと思いますが、魚とお肉の味で迷うことがあるのでは無いでしょうか?このとき、魚ベースのキャットフードにはちょっとした落とし穴が…。ここでは、魚ベースのキャットフードに多い塩分とその注意点についてわかりやすく解説していきます。
えさを変えたら下痢と体調をチェック
猫に与えるキャットフードは猫の一生を通じて同じということはまず無いかと思いますが、そのキャットフードを変更する場合には、気をつけておきたいポイントがあります。ここでは、キャットフード変更の際に起こりうる下痢と体調変化についての注意点をわかりやすく解説していきます。
キャットフード保管についてドライフードの正しい保存方法
ドライフードの正しい保存方法、知っていますか? ドライフードは、封をあけるとおよそ「1ヶ月」が、賞味期限になりますが封をあける=空気に触れるこの時点で、実は劣化は始まっているのです。